hist019
結婚するため(18歳)
イム・サミさん
(女性 83歳)
足跡:韓国慶尚北道サンジュウ→大阪→横須賀→川崎

〈こどもの頃〉
 子どものときはみんなハクソウヤしてたよ。髪の毛もこんなん(短く)じゃないよ。毛、伸ばして長くして、編んで、下に赤いリボンみたいのして。かわいくてよーく村で言われた。それと、私、はしかを12歳でやったんだよ。韓国で。12歳でそれやって大きくなったんだよ。今でも忘れないね。ボーっとしてるとそういうの思い出すよ。あとね、韓国で髪が長かったとき、ヌルキギしたのよね。シーソーみたいなの。立って遊ぶやつ。髪の毛、赤いリボンで結わいてただろ、チョゴリ着てたろ。きれいだったよ。そういうの忘れてないよ。

<肉声聞けます>
〈来日していた男性との結婚を決められて渡日〉
 プサンで連絡船に乗ってね。学校行ってなかっただろ。自分の名前1つ書けなかったんだ。1,2,3も分かんなかった。チョゴリとチマ着て、胸のここ(紐の下)に手紙入れて、大阪着いたら、そこで誰でもいいから手紙を見せろって。(略)これ見せれば、ここでOKだよって教えてくれるから。(略)もう、連絡船乗ってきたでしょ、汽車乗ってきたでしょ。乗ったことないから、ぐるぐるぐるぐる目が回っちゃって、吐いた吐いた。気持ち悪くて。連絡船は一晩半かけて下関に着いたからね。酔っちゃって、目はへこんでるしさあ。(略)泣いたよ。イルボン行くときは。遠いとこいけば会えるか会えないか分からない。それが複雑な気持ちになっちゃって、涙がポロポロじゃないよ、流れる。もう雨が降るみたいに流れる。ウンマと別れるのが嫌でな。日本に行けば、行くことも来ることもできないとこでしょ。もうお母さん見るのも終わりだなーっと思って、涙がもう、雨よりもひどいよ。
<肉声聞けます>
 
 
 語り手の方々のことばです:
戦争っていうの、もうこりごりだ!
時代の流れ
看護婦の勉強をしながら...
タミコちゃんが生きていたら会いたい
「女は勉強しちゃいけない」って、不思議でしょ
勉強家だった夫の思い出
戦争になる前の小学校で
慣れない日本での暮らしと...
皇国臣民化教育
結婚して1ヵ月後、夫が徴用されて
炭鉱労働の傷あと
夫がハンサムだから苦労が目に見えてた
戦争中、子供を連れて逃げた
解放後、浮いたまんまになった
みそ・しょうゆ作り
字が読めないから人を信じなきゃ仕方ない
九州に徴用された夫について来日
川崎より住みやすいところはない
募集に応じて日本へ
歌うどころじゃなかった
親同士で結婚を決められちゃって泣いたよ〜
年がいって、韓国人が恋しくなる
徴用されないよう、十四歳で結婚した
嫁に来たとき、言葉もわかんないし、何も知らなかった
いま考えれば人間じゃなかった
赤紙が来た
植民地になったのを、忘れはしないけど許すことはできる
日本の戦争、朝鮮動乱。私は本当、戦争犠牲者。
泣いたよ、イルボン行くときは
日本にあこがれていた
キムチは買ったことがない
朝鮮人を犯人扱いするとは何ごとか!