hist012
父が渡日していたきょうだいを訪ねてきて(2歳)
ソ・フナムさん
(女性 81歳)
足跡:韓国大邱の近く→京都→大阪→北海道→三浦半島

〈夫亡き後、トラヂ会へ通うようになる〉
 コウキュウコウシャが建てたアレやから、5階から11階まで。そやから50軒くらいが住んどるけども、なんか知らんけど韓国人私だけなの。ほいでもう、今は別にねぇ、今は日本人も韓国人もないけど、やっぱりねぇ、心の底は韓国人が懐かしいんや。日本にこんだけ住んでてもね、日本の人とは、私はダンスサークルに入ってやっとるけども、合うんやけど・・不思議やで。これくらい自分で隙間を作るの。こういうところ来ると心安らぐ。癒される。二歳で日本に来てるけど、そうなの。

<肉声聞けます>
〈朝鮮戦争のとき、韓国で警察官をしていた弟が北朝鮮側の弾に当たる〉
 日本人の町に住んでも、総連には入っとった。それで会費払ってたけど。うちの弟が、アカ狩りに行ってやられてこの、死にかけて、もうそれっきりからよ、私。もう総連と縁切ろう思たの。そんで、友達は集金に来るやん。そんで私、お金は出すけどな、あんたの顔見てお金は出すけどな、うちの弟はな、アカに殺されかけたんよ、私がその総連になんで協力せんなんの、ゆうて。もう出来たらほっといていうたの。自分から縁切ったの。
 
 語り手の方々のことばです:
戦争っていうの、もうこりごりだ!
時代の流れ
看護婦の勉強をしながら...
タミコちゃんが生きていたら会いたい
「女は勉強しちゃいけない」って、不思議でしょ
勉強家だった夫の思い出
戦争になる前の小学校で
慣れない日本での暮らしと...
皇国臣民化教育
結婚して1ヵ月後、夫が徴用されて
炭鉱労働の傷あと
夫がハンサムだから苦労が目に見えてた
戦争中、子供を連れて逃げた
解放後、浮いたまんまになった
みそ・しょうゆ作り
字が読めないから人を信じなきゃ仕方ない
九州に徴用された夫について来日
川崎より住みやすいところはない
募集に応じて日本へ
歌うどころじゃなかった
親同士で結婚を決められちゃって泣いたよ〜
年がいって、韓国人が恋しくなる
徴用されないよう、十四歳で結婚した
嫁に来たとき、言葉もわかんないし、何も知らなかった
いま考えれば人間じゃなかった
赤紙が来た
植民地になったのを、忘れはしないけど許すことはできる
日本の戦争、朝鮮動乱。私は本当、戦争犠牲者。
泣いたよ、イルボン行くときは
日本にあこがれていた
キムチは買ったことがない
朝鮮人を犯人扱いするとは何ごとか!