私たちの街(川崎南部おおひん地区)は、働くものの街。
さまざまな国、地域から働く人を迎え入れ、日本の「発展」を支えてきた。
そこでは、いろんな出会いがあり、あつれきと交流があった。
そして、その中から、今やっと、
ひとりひとりが自分を大切にし、違いを尊重しあう
「共に生きる街づくり」の文化が芽生えはじめている。